スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

『走ろうぜ、マージ』、読みました。

随分と時間をかけて、『走ろうぜ、マージ』を読み終えました。

走ろうぜ、マージ

決して内容が難解だったわけではありません。

あまりに身近で現実的な内容を読み進めるのには心の準備が必要で、
時に数日、時に一週間と間をとりながら、ようやく読破したのでした。

*  *  *

これは作家の馳星周さんと愛犬・マージとの最期の数ヶ月間を綴った記録であり、
人間と犬という姿の違いを超えた強い絆の話でもあります。

*  *  *

バーニーズ特有の癌に冒され、日に日に弱っていく11歳のマージに
より良い環境で最期の時を過ごさせてあげようと、
馳さん夫婦、マージと弟分のワルテルの2人+2頭の軽井沢生活がスタート。

深緑のなか、都会とは違う穏やかな生活環境のなかで、
マージはみるみるうちに見違えるほど元気を取り戻していきます。

 夜の散歩に出ると、ワルテルが追いかけっこしたいとせがむので、わたしは走った。
 ワルテルがあっという間にわたしを追い越していく。なのに、激しい息づかいがすぐ後ろで聞こえた。
 怪訝に思って振り返ると、マージが一生懸命走っていた。思わず立ちどまり、呟いた。
 「マージ、走れるのか?」
 マージは舌をだらりと垂らして喘ぎながら尻尾を振っている。
 「マージ、走ったのか……」
 わたしはマージを抱きしめた。
 マージが走る姿は、過去6ヶ月間、まったく目にしたことがなかったのだ。
 辛そうに苦しそうに歩く姿しか目にしたことがなかったのだ。
 彼女の衰えた筋肉はもう走ることに耐えられない――そう思いこんでいた。


「マージが尻尾を振った!」「マージが走った!」「腫瘍が小さくなった!」
1つ1つの小さな変化は馳さんの喜びそのものとなり、
心に封印してきた「もしかしたら・・・」という希望すら沸いてきます。

しかし・・・病魔はそんな淡い希望を叶えることなく、
マージは徐々に体力を奪われはじめます。

心は元気、気力もある。なのに、立ち上がることができない。

ついに寝たきりとなったマージに
馳さんは最期まで全力をかけて向き合いました。

マージ

*  *  *

迷い悩みながら手探りで始まる介護生活。

愛犬の小さな回復に心躍る気持ち、抱いてしまう生への期待、
死への覚悟、揺らぐ気持ち、不安、迷い、怯え。

 わたしがありとあらゆる手を使ってマージの治療をしていなければ、
 もっと前にマージは逝っていたかもしれない。
 逆に、わたしがマージの生にこだわりすぎているから、
 今、こうしてマージは苦しんでいるのかもしれない。
 なにが正しいのかはわからない。ただ、わたしはマージのそばにいてやるだけだ。


そして、どのように最期を迎えさせるかの決断。

体の一部をえぐり取られるような心の痛みを
馳さんは本作の中で、ありのままに綴っています。

馳さんの愛はマージにしっかり伝わっているはず。
大好きな馳さんの腕の中、静かに天へ昇っていったマージはきっと、
穏やかに微笑んでいたことでしょう。

*  *  *

犬を家族に迎えるということ。
それは新たな命を授かることと同じく愛おしい出会いです。

maruko

共に遊び、共に学び、共に感じる中で、互いを理解し、尊重し合う相棒となる。
共に過ごす月日はかけがえのない宝物として、私たちの人生に深く刻まれていきます。

その最期、命尽きる瞬間まで共に歩むことの素晴らしさを
改めて考えさせてくれる本でした。

maruko

今犬と暮らす人にも、
これから犬を家族に迎えようとしている人にも
ぜひ読んでほしい一冊です。



『走ろうぜ、マージ』はマージの闘病生活中に馳さん公式HPで更新されていた
「軽井沢日記」が原作となっています。当時の写真も沢山掲載されています。

現在の馳さん、マージを共に見送った愛犬ワルテルと新たに迎えたソーラとの
軽井沢生活を堪能されています。日々の様子は『ワルテルとソーラと小説家』で更新されています。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログランキングへ
 ↑ブログ村(柴犬)と人気ブログランキング(写真)に参加しています。
まるこママのつぶやき
18 0
comment
こんにちわ
最後まで 読みきったんですね~(´∀`)
ほんとに いろんな犬の本がたくさん出ていますが
ワタシにとっては いろんな意味で 考えさせられる1冊となっています。
家族の1員として ワンコを本気で 愛してる人なら
それぞれ いろんな考えや想いが浮かびながら 読むことができた1冊ですし
自分と愛犬なら・・ とかなり だぶらせて 読むことも 多々
あったんではないかと思います。
それに すごくうれしかったのが ワタシがブログで何気なく紹介した本を
毎日の仕事や まるちゃんのお世話で忙しいなか 興味を持ってくれて
きちんと さがしてくれて 借りてくれて 最後まで読んでくれたまるこママさんの
気持ちというか 想いがとってもうれしく思いました(´・ω・`)
ありがとうございます。
これからも それぞれ ワンコに対して いろんな場面に直面していくと
思いますが・・・ こういう方がいるとおもうと
なんだか 心強いですi-237
2010/07/28 14:54 | | edit posted by テリヤキ便
読み切られたのですね。
以前、紹介されていたので、感想がUPされるの楽しみにしていました。
まるこママさんの感想を読んで、うるうる涙が・・・
私には、今は読むことができない内容そうですが、
いつか真剣に読んでみたいと思いました。
いつになるかはわかりませんが・・・
心の余裕ができたら挑戦してみたいと思います。
2010/07/28 16:42 | | edit posted by いくこ
こんにちは♪
まるこママさんのブログ読んだだけで
目頭が熱くなってしまいました。
30才過ぎてかなり涙腺が・・・・

何時かは、やってくる事ですよね。
でも今はまだ考えないようにしてます。
終わりを決めて残り時間を計算する生活ではなく
毎日毎日一緒に過ごし、遊んだり怒ったり泣いたり
笑ったり、何気なく過ごす日々
それを大切にしたい。

素敵な本だと思います
いつか読んでみたい。
2010/07/28 17:32 | | edit posted by ちっぷぱぱ
こんにちは☆
なんだかママさんの文章読んでるだけでも目がうるうるしてきました…
色々考えさせられる内容ですね。私もぜひ手にとってみたい1冊です。
そして一生懸命読み切りたい…そんな思いになりました。

P.s~ 私のブログもリンクしてくださってありがとうございます♪
2010/07/28 18:28 | | edit posted by まりchibi
まるこママさんの感想を待ってました。
でも、もし酷評だったとしても読んでたわ。
ブロ友さんのところのシェルティーの女の子も去年亡くなったのですが、
癌で余命3ヶ月を言われてから、2年元気でいられたそうです。
その方の決断は、治療をしないことだった。
お庭で毎日楽しく愛犬と過ごす。ただそれだけだったの…
でも、とっても幸せそうな顔してて、いつもママの顔を見つめてた。
それと反対に、先日お散歩友達のフラットレトリバーの男の子が亡くなったんだけど、
手術をすれば余命が延びるかもしれないけど、老犬だからリスクがあるって言われて、
悩んで手術を決断したら、手術中に亡くなったの…
飼い主さんは悔やんで悔やんで悔やんで…まだ立ち直れていないみたい。

人間は、余命宣告をされた時、自分で選択する事が出来るけど、
犬は、飼い主さんの決断次第なんですよね…
当たり前ですけど、愛犬の一生をこの手ににぎっている責任を強く感じますね…
2010/07/28 19:18 | | edit posted by Saoeko
命を預かった瞬間から 覚悟しなければいけないことと分かっていても、
この幸せな日が 永遠に続く錯覚に陥ります。
「犬と私の10の約束」を守ること
それはまさしく愛のあかし。
どんなにそれが辛くとも 命の重みに変えることはできませんね。
2010/07/28 22:29 | | edit posted by サプリメント管理士
まりchibiさんの『かごしまnewらいふ』さんから飛んで来ました。
ぴぴろぐの『ぴろ』と申します。
愛に溢れた優しいブログですね。
今日のマージのお話、最後まで愛されて大切にされて...という、
見方を変えればとても温かなお話なんだろうと思いながらも、今は
まだ私の愛犬との別れの覚悟というものができていないせいか、
正直なところ、辛かったです。
でも、かならずいつかはその時がくるんですよね。
その時に、その子の最後の命の輝きまで責任を持てるよう、精一杯の
ことができる人になっていなくてはと思わせてくれた記事でした。
一気に読み終えるのは難しいかも知れませんが、まるこママさんのように、
少しずつ少しずつ、しっかり自分の中で消化しながら読んでみようと思います。
また、お邪魔します!
2010/07/28 23:09 | | edit posted by ぴろ
まるこママ、おはようございます。
いい本ですね。読んでみたくなりました。
でも、まるこママの文を読んでるだけでウルルって
しまったので、ちゃんと読めるか心配。

とうとう、今晩うちの新しい仲間が羽田に到着します。
1度しかまだ会ってないワンコですが、既に愛おしいです。
これから色々な事があると思いますが、頑張ってみたいと
思ってます。ワンコと一緒に成長するぞ!
2010/07/29 09:37 | | edit posted by ティブロン
初めまして。
まるこちゃんのかわいい笑顔に、いつも癒されています。

素敵な本の紹介、ありがとうございます。
読み切れるかどうか自信はありませんが、手に取ってみたくなりました。
うちのわんこ達は、幸い健康ですが、シニアなので色々考えてしまいます。一緒に過ごす時間を大切にしなくては!

また遊びに来ますね。
もものママより
2010/07/29 12:12 | | edit posted by もものママ
テリヤキ便さまへ
テリヤキ便さんのブログで紹介を読んでから
ずっと気になっていた本でした。

先代犬で動物介護を経験していた私にとっては
まったく他人事ではなく、実体験とリンクして辛かった。
ページをめくるのに躊躇してしまうことが何度もありました。
命を預かること、最期まで一緒に過ごすこと、
楽しいだけじゃない様々なことが表現されていて
本当によい本だったと思っています。

こちらこそ、素敵な本に出会わせていただいて
どうもありがとうございました~☆
また良本があったらぜひご紹介くださいね^^
2010/07/29 23:47 | | edit posted by まるこママ
いくこさまへ
ようやく、読み終えることができました。
ホントページをめくるのが辛くて止まってしまうことが多く
なかなか先に進めずにいました^^;
作者の実体験を綴った内容だけあって
本当に現実的で深く考えさせられる内容でしたよ~。
いつか、機会があったら、挑戦してみてくださいね!
2010/07/29 23:53 | | edit posted by まるこママ
ちっぷぱぱさまへ
わたしも涙・涙で大変でしたよ~^^;
翌朝、目が腫れていないか心配だったくらいです。

私は先代犬を亡くした時の痛みがいまだに癒えきっておらず
時折最期のことを考えて怖くなることがあるんですが、
ちっぷぱぱさんのおっしゃる通り、
終わりを考えるのではなく今一日一日を充実して
幸せに歩んでいくことが大切ですよね。

お互い素敵なワンライフを過ごしましょうね~^^
2010/07/30 00:03 | | edit posted by まるこママ
まりchibiさまへ
私も犬ブログ友達の記事で知った本なんですよ^^
犬と暮らす者として、とっても考えさせられる内容でした。
こういう内容と正面から向き合うと本当につらく、
つい目をそむけたくなりがちですが、
一方でこういうことを知ることも大切だと思っています。
読破後、ついまるこをぎゅっと抱きしめてしまいました^^;
2010/07/30 00:06 | | edit posted by まるこママ
Saoekoさまへ
はい、ようやく読み終えることができました。
ページをめくって右から左に読み進めるのが途中怖く、
少しでも長く…とマージを応援する気持ちになって、
最期は一緒に看取ったような感覚になる、、、
ノンフィクションだけありホントにリアルな内容でした。

余命宣告後の過ごし方もご家庭によってそれぞれですよね。
でもどの方法にも愛犬のことを思い決めたことなら
間違いはないと思います(フラットレトリーバーのご家族も!)。
命は誰にも平等に有限なものですから、
いかに人生(犬生)を幸せに充実して生き抜くか、
自分もまるこの分もちゃんと考えなくっちゃと身が引き締まりました。
2010/07/30 00:12 | | edit posted by まるこママ
サプリメント管理士さまへ
「命の重さ」は人でも動物でも生ある者みな同じ。
どのような形であれ、出会って迎えた命は最期まで
責任を持つのが家族として当然のことですよね。
犬の十戒、より多くの方に理解してもらって
一頭でも幸せな最期を迎えられる子が増えるよう願うばかりです。

動物を迎えることは楽しい事ばかりじゃない、
飼い主(リーダー)としての責任と義務があり、
辛いこと、乗り越えたり悩んだり考えることも多い。
でも、こんなにも幸せを分けてくれる存在だということを
改めて思い出させてくれる良本でした。
2010/07/30 00:26 | | edit posted by まるこママ
ぴろさまへ
こんにちは、コメントありがとうございます☆彡
なかなか別れを想像することは難しいですよね。
愛犬が愛おしいほどにその現実が辛く、
一生共に過ごせるような錯覚になりますよね。

私は今までに2頭の愛犬を見送ってきた経験から、
時折、未来に起こる別れのことを現実的に想像してしまい
いてもたっても居られなくなることがあります。
先代犬の死はまだ私の心の一部をえぐり取ったままで
思いだすたびにズキズキと痛みます。

それでもやはり犬を迎えるのは、
それだけ彼らが私にとってかけがえのない存在だから!
まるこにはいつもありがとうの気持ちでいっぱいです^^
2010/07/30 00:33 | | edit posted by まるこママ
ティブロンさまへ
と~っても良い本でした。
単に犬との感動物語ではなく、現実問題として
愛犬の老後とどのように向き合うかということを
作者の実体験から考えさせられる内容でした。

おお~ついにJRTが来るのかしら!
ブログでのお披露目、楽しみにしてますね~^^
2010/07/30 00:39 | | edit posted by まるこママ
もものママさまへ
こんにちは!メッセージありがとうございます☆彡
ほんと愛犬がシニアになるほど考えてしまいますよね、
限りある命、いかに充実して幸せに過ごすかは
飼い主である私たちに掛っている部分が大きいですから。

現実的でぐっと辛い部分も多い内容ですが
いつか機会があったらお手にとってみてくださいね^^
2010/07/30 00:41 | | edit posted by まるこママ
comment posting














 

trackback URL
http://mameshibamarco.blog100.fc2.com/tb.php/805-b9b01063
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。