スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

こんな本を読み始めています~『走ろうぜ、マージ』~

ブログ友達のところで紹介されていた一冊の本。

前々から気になっていたのですが、
ようやく先週末に図書館で借りることができました。

走ろうぜ、マージ

デビュー作『不夜城』で一躍有名になった馳星周さんの本で、
愛犬マージ(バーニーズ・マウンテン・ドッグ)との最期の日々を書いた
ご本人の実話だというから余計に興味深い。


表紙の写真に作者の愛情を感じながらページをめくると――


末期がんに侵され、余命3カ月と宣告された愛犬のマージ。
彼女の最期を静かな軽井沢の地で過ごさせてあげようと決めた筆者は、
7月のある日、マージを連れて家族みなで都内を出発します。

『いつもより早く起きたわたしと連れあいに、マージは疑いの目を向けていた。
・・・出発の準備をはじめたわたしたちを見つめながら、そのうち、
ぴーぴーと鼻を鳴らし始めた。病院に連れていかれると思っているのだ。

10時半に仕度をすべて終え、我々は車に乗りこんだ。ワルテルは飛び跳ね、
マージは相変わらずぴーぴーと鼻を鳴らしている―悲しい音色の笛を吹いている。

・・・嵐山パーキングエリアに車を乗り入れると、マージは笛を吹くのをぱたりとやめた。
大きく見開いた目を窓の外に向けている。
忙しない呼吸を繰り返すためだけに開かれていた口が耳に向かって吊り上っていく。
不安の表情が喜びのそれに塗り潰されていく。

車から降ろすと、マージはワルテルと絡まり合うようにして草っぱらを一直線に目指した。
今日は病院ではなく、草木が茂るあの楽しい場所に行くんだ―マージはやっと理解した。』


愛犬の最期を共に過ごし看取った経験が頭によぎり、
馳さんの思いと重なり、マージの姿と重なり、視野がにじんで見えなくなった。

まるこ

もともと「動物モノ」にはかなり弱い私。

幼少の頃から『南極物語』『マリリンに逢いたい』、もちろん『ハチ公物語』など
数々の動物映画で目がポンポンに腫れるまで号泣してきたタイプで、
現在も『生き物地球紀行』とかTV中のちょっとしたシーンでもウルっとくる始末。

まるこ

この本はベッドの中で静かにゆっくり読み進めたいと思います。
読み終わったら感想書きますね~☆彡



にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログランキングへ
 ↑ブログ村(柴犬)と人気ブログランキング(写真)に参加しています。
まるこママのつぶやき
10 0
comment
私も犬と飼い主の物語などに弱いです

クイールの映画を見たときはウルウルでした(T_T)

最後足を滑らせるシーンはもうショックでたまりませんでした

テレビなどの動物ものなども悲しいシーンとかだとすぐ潤んでしまいます

まるこママさんの本の感想楽しみです(^∀^)
2010/07/12 13:04 | | edit posted by たんぽぽ
私もマリリンに会いたいは何度も見たなぁ~
えこと勇太も、シロとマリリンみたいだものね。
実話は、もろに弱いです。
想像しただけでも、自分が泣くのがわかるわ~
以前『老犬くー太18歳』っていう柴犬の本を読んだんだけど、もう涙涙でした…
ちなみに、作り話の動物ものは好きじゃないのよ~

まるこママさんの感想を読んで…私も探そうかなぁ~その本。
2010/07/12 14:57 | | edit posted by Saoeko
私はたぶんダメかも~
読めないかも~
動物ものはウルウル涙になるのが辛いところです。
ただひたすら笑っていられる物語なら読みたいですが・・・
でも、いつかこうして最後を看取ったお話が、
誰かの心を軽くしてあげられる存在のように
私も素直に読んでみたい・・・と心から思う日が来るんだろうな・・・と思っています。
2010/07/12 18:42 | | edit posted by いくこ
う・・・ん私も読んでみたいけど泣ける話・・・
ダメかも。
まるこママさんの感想で読んだ事にさせてもらうかも^^;
やっぱり自分の子と重ね合わせちゃいますよね。
2010/07/12 23:08 | | edit posted by ちょも母
本のご紹介をありがとうございます。
あらすじの紹介だけで引き込まれてしまいましたが
うちもサブの先代犬を亡くしているので
描写がダブってしまい涙で読めそうもありません。
「ダメ犬グー」でも最後はうるうるでしたもの。
まるこママさん、感想を書くのも辛いと思うけどよろしくねっ。





2010/07/13 13:35 | | edit posted by ぴぐっち
たんぽぽさまへ
とくに実話は実体験と重なって辛いですよね。
動物ものの多くは、やはり最後にお別れシーンが多いですし。
でもそういうちょっと辛い思い出や当時のことを思い出し、
改めて命あることの有り難さをかみしめたりしています。

読破したらまた感想書きますね~♪
2010/07/15 00:50 | | edit posted by まるこママ
Saoekoさまへ
実話ほど胸に突き刺さる話はやはりないのでしょうね。
人の実体験と、その時の思いが詰まっている作品、
今回の本も馳さんの愛情が文章のなかに溢れていて
だからこそ辛くもあり、感動もあるのでしょう。

すぐ涙が出てしまって、まだ15ページほどしか進めてないの。
でもゆっくり読み進めて馳さんとマージの最期の日々を
かみしめたいと思っています^^
2010/07/15 00:52 | | edit posted by まるこママ
いくこさまへ
こういう系のお話は読めない、という方も多いようですね。
その気持ちもよ~く分かります^^

本に書かれた馳さんとマージの関係は、
先代犬クロの晩年とよく似ていて微笑ましく、
しかし必ずやってくる別れの影に胸が苦しくなりながら、
当時を思い出し感傷に浸りつつゆっくり読んでいます。

そのうちブログで感想も書きたいと思っているので
もしよかったらご覧くださいね^^
2010/07/15 00:58 | | edit posted by まるこママ
ちょも母さまへ
そうですよね~どうしてもわが子と重ねてしまいますよね。

私は本を読むときに登場人物を実在する自分の知人に
なんとなく当てはめて読むクセがあるのですが、
今回は馳さん→私、マージ→先代犬クロ としているので
読めていると思うんです。
これが、マージ→まるこ にするともう辛くて読めない(笑)

読破したらブログに感想書こうと思います♪
2010/07/15 01:00 | | edit posted by まるこママ
ぴぐっちさまへ
1ページ進んでは涙をふき、の繰り返して
一向に先へ進めないのですが、先代犬との最期を
思い返しながらゆっくリズムで読み進めています。

軽井沢でマージに少しずつ元気が戻ってきて、腫瘍が小さくなって、
馳さんが子供のように手放しで喜んでいる描写など、
「ああ~そうだったなぁ」なんて当時の感情が懐かしく思い起こされます。

また感想書こうと思いますので^^
2010/07/15 01:03 | | edit posted by まるこママ
comment posting














 

trackback URL
http://mameshibamarco.blog100.fc2.com/tb.php/789-93e3759f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。