スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

赤い羽根から伝えるキモチ。
い羽根共同募金が10月1日からスタートしました。

朝の通勤ラッシュ、満員電車から解放され、ゆるゆると改札へと向かっていたところ、
「赤い羽根共同募金にご協力おねがいしまぁ~す!!」と元気な声が飛び込んできました。

NGOやボランティア団体の活動には積極的に協力しようと心がけている私、
今年も「赤い羽根」をゲットしました~☆

赤い羽根をゲット!
#よく見たら、近所の掲示版にもポスターがありましたよ~(夜撮ったから暗い…)


「募金なんかしたって、どうせ流用されるだけよ」と言われることも多々あります。
実際そうなのかもしれませんが、たとえ流用されたとしても、
そのうちの何割かでも届けば、それは受け手にとっては大切な支援金になるわけで。

直接的な活動で困っている人へ支援することができない以上、
いまの自分に無理なくできる形で協力していきたい、というのが私の考え方です。

まるこも納得?


それと、赤い羽根共同募金に毎回協力する理由はもう一つ。

必死に声を張り上げて募金を募る子供たちを横目に、
知らんぷりで通り過ぎることが、私にはどうしてもできないからです。

東京にかぎったことかもしれないけれど、
朝からほとんどの通勤者が血色ない顔をして無表情で歩いている様子、
子供たちの声に耳を傾けることもなく、目を向けることもなく通過していく様子。

自分の胸くらいの背丈の子供たちに、その様子がどんな風に映るんだろう…と思うと、
「ちゃんと君たちの声は届いているよ」と激励したい気持ちがこみ上げてくるし、
「(疲れた顔してても)大人だって捨てたもんじゃないよ」と伝えたい気持ちもわいてきます。

彼らのまっすぐな目と真剣な声を裏切りたくない、といったところでしょうか(笑)

まるこもあきれ顔です。


まぁ、わたしもちびっこの頃はYMCAで赤い羽根共同募金を募った経験がありますが、
当時はそんなこと考えず、大きな声で訴えかけることに必死だったような気もしますけれど(笑)


*******************************************************************
赤い羽根共同募金については、基本的に国内での支援に充てられると思いますが、
スマトラ・サモア・フィリピンなど世界的にも緊急に支援の必要な場所が出てきていますよね。
わたしも少ないながら、身の丈にあった協力をする予定で~す。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ ★ブログランキングに参加しています♪
 ★一日一回ポティっとお願いします!

まるこママのつぶやき
0 0
comment
comment posting














 

trackback URL
http://mameshibamarco.blog100.fc2.com/tb.php/500-f5502360
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。