スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

マックス&ポピーの里親募集を経て思うこと。
ックス&ポピーの最終報告から1週間が立ちました。

募集を始めたのはちょうど1ヶ月ほど前のこと。
思い返すと自分でも驚くほど、2頭のことをいつも考えていました。

そして、驚くほど多くのご厚意に助けられ、
なんと1ヵ月という“超”短期間で、2頭は幸せをつかむことができたんですよね。

2頭が幸せになれて本当に嬉しかったですし、
世の中にまだ、こんなにも多くの善意があるんだ~と実感し、
毎日応援メッセージをいただくたびに、胸を熱くしていました

しかし一方で、
2頭が新しい家族を探さねばならなくなったそもそもの原因は、
理由はどうあれ人間側の都合であるという悲しい現実に、
割り切れない苦い思いをずっと抱いていました。

げんきかな?


私は2頭の直接の保護者ではなかったため、
正直、2頭が以前どのような環境で暮らしていたのか
里親募集に至るまでの“詳細な”経緯までは把握しきれていません。

ですが、やはり一人の愛犬家として、
自分の家族として迎えた犬の「一生」に責任を持つことは当然で、
この重さを理解し、実際に責任を全うできるようにしてほしい。

たとえば、自分が突然、愛犬を残して先立ったとしても、
この子の命が保障される環境を整えておくことも、その一つだと思っています。


しかしながら、
マックス&ポピーの里親募集と、こうした個人的な意見は切り離さなくてはいけない。
募集期間には、あくまで2頭に関する事実のみを伝えたい

・・・複雑な思いを胸に抱きながらの里親募集でもありました。


募集が完了して一週間。
自分なりにあれやこれやと抱いていた思いを、
一度だけ、書かせていただきたいと思いまして、今回記事にいたしました。

個人的な意見ですので、読み流していただければ幸いです。

***********************************
なかなか思いを意見にするのってむずかしい…。
文字って一方的ですから、読み手によって感じ方も違うでしょうし。
でも、今回はあまり気にせず、書きたいことを書きました!
まるこのために何ができるのか、何をしてやらねばならないのか、
改めてとっても考えさせられた経験でした。

☆マックス&ポピーの最終報告についてはこちらで進捗をご確認ください。

ブログランキングに参加しています♪
よかったらポティっとお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
お知らせ
8 0
comment
まるこちゃん、まるこママ、マックスとポピーはとっても元気ですよ!!!
私たちの生活習慣にほぼ慣れてきました!
この次はこれ、この次はこれ、と一つ一つわかってきてくれています。
今は息子と同じ枕に一緒に頭をのせて寝ています!
昨日のまるこちゃんの記事の家事ってまるこちゃんが予言したのでは・・・と勝手に思っています。
頭の抜け毛が予言したのではないかと・・・
あくまでも私の勝手な考えです。
2009/03/18 22:56 | | edit posted by アイリーママ
まるこさん、ぜんぜん一方的ではないし、キツイ記事じゃないですよ。
事件が起きて腹が立つのは、人間は「理性」を持ってるはずなのに、という基準で事件を見た時ですよね。2頭の元飼い主も、若者でないのに自分の死後のこと想像もしなかったのか・・・と。
マックスとポピーは本当にラッキーでした。
アイリーママさんからぽつぽつ来るコメント、楽しみにしてる人多いと思います(^^)

コメント苦手なのに、続けてコメントしちゃった~(^^)>”
2009/03/18 23:08 | | edit posted by もじ子
お返事♪
★アイリーママさま
こんにちは、色々とお世話になってます^^
マックス&ポピー、元気にしているのですね~!
そうだと思ってましたヽ(‘ ∇‘ )ノ
ご連絡をありがとうございます。
アイリーママさん、息子さんがいらしたのですね!
一緒に枕なんて、もう本当に仲良しさんですね♪

まるこのお禿げ予言説おもしろいです~!
ぜんぜんお禿げは良くならないのですが、
クローバー達と同じように再生してくれることを祈ってます。

また時折様子を聞かせてくださいね(≡^∇^≡)
ではでは!
2009/03/18 23:13 | | edit posted by まるこママ
お返事♪
★もじ子さま
こんばんは、メッセージありがとう!
複雑な心境の中で進めた里親募集活動でしたが、
たまにもじ子さんのブログでグチ?らせていただいたり、
ガス抜きをさせてもらってホント感謝してます。
結果的に2頭が幸せになれたことが救いですが、
本質的な問題は解決していないんですよね…。
人間には理性もあるけれど、それと並行して、
欲とか自我とか打算がつきもので、
ときに信じられないくらい残酷な行動をするのですよね。
む~ん、考えていると抜け出せなくなる(苦笑)
また折にふれてぜひ議論?しましょう^^
2009/03/18 23:22 | | edit posted by まるこママ
文章って本当に難しいって思います。
怒りも伝えたいし、優しさも伝えたい。そして心も動かしてもらいたい。
考えれば考える程難しいですよね・・・
でも、まるこママさんの文面には、
まるこママさんの優しさがちゃんと入っていると思います。
私なら、もっと怒ってるかも~

犬社会の問題って、とっても深刻だったり、やるせなかったり、
心を痛める事が多いですよね・・・
もちろん、犬を家族に持つものとしては、無視できない事。
なんで?どうして?って、いつも思います。
でも、見方を変えて見れば、犬社会に限った事ではないですよね・・・
自分の親すら殺す人間、愛する人に暴力をふるう人間、親を見捨てる人間、
自分が生んだ子供ですら愛し育てる事の出来ない人間・・・
それだけじゃなく、人間同士のコミュニケーションがおかしくなってしまっている現代社会。
いろんな事情があるにせよ、そんな人間社会で生きて行く使命を与えられてしまった犬たちに
しわ寄せが行くのは、とても悲しいけど避けられない現実なのでしょかね・・・
いつも社会の巻き添えを食らうのは弱い立場の子供たち。
犬はそれよりももっと弱い存在なんですもの。

きっと、本当の意味での犬や猫たちの幸せって、人間たちの幸せの上にあるものだと思うんです。
ついつい犬の事ばかりを考えてしまうけど、まずは人間社会の問題なんですよね・・・
最近、犬たちの問題を考えると、いつもこの壁にぶち当たってしまうんです。
そんな大きな壁には立ち向かえそうにもないですもの・・・
やっぱり、自分に出来る事って、目の前にいる命と真剣に向かい合う事だと思うんです。
まるこママさんが、個人的な意見を切り離して里親探しをしたこと。
それが一番正しい事なんだと思います。
まるこママさんの決断が、マックス君たちに幸せを運んで来たんですね。
素敵です。
2009/03/19 09:43 | | edit posted by Saoeko
里親の記事やサイトを見るたびに胸が痛みます。
なぜ最後まで面倒が見れないのにペットを飼うのかって。
可愛い時だけ、元気な時だけ飼ってみて、
飽きたから、引っ越すから、問題行動があるから、世話が大変だからってすぐに手放す(捨てる)飼い主。
今回のようにまるこママさんはじめ多くの人たちの善意に救われた2匹はほんとにラッキーだったんだって。
ペットブームの裏側で救われない命がどれほどたくさんあるのかって。
まるこママさんの思いは、すごく大切なことだと思います。
2009/03/19 20:01 | | edit posted by カレン
お返事♪
★Saoekoさま
こんばんは、メッセージありがとうございます。
Saoekoさんの熱い思い、とってもよく伝わってきました。

人間社会の問題…確かにそこを無視することはできませんよね。
たとえば「ALLWAYS三丁目の夕日」を観たとき、
ほんの数十年前にはこんなに密度の濃いコミュニケーション、人と人とのつながりがあったんだ、と驚く。
現代はそういったつながりが薄れて、自己主義で、保身的で、どんどん個人が核化していくさびしい時代だな~と思ったりする。
そういう環境の中で、Saoekoさんが言うとおり、立場の弱い者たちがまず最初に辛い思いをする。
考えると、本当に負のスパイラルですよね…。

「じゃあ明日からこうしよう!」と変えられる問題では到底ないですし、本当に難しい問題だと思います。

でも!私の個人的なモットーなのですが、「気がついた人が始めないと何も変わらない」っていつも思っていて、何かすべきことに直面したとき、今の自分がちょっと背伸びをしてできることを、一つずつでもやっていくことが大事かな~と思っています。

私は動物が大好きで、友人が助けを求めている犬達を保護していて、里親探しを手伝ってほしいと聞いたら、やるべきことは自然と見えてきたんです。
あとは、「やる」のか「やらない」のかの選択だけ。私は進んで前者を選んだだけなんですよ~。

「PAY IT FORWARD(ペイフォワード)」!
http://www.awaji-net.com/pay-forward/

みんながちょっとずつ良いことをして、世の中全体が良くなっていくことを願って・・・☆
2009/03/19 23:52 | | edit posted by まるこママ
お返事♪
★カレンさま
こんばんは~メッセージありがとうございます^^
カレンさんの思い、私も心から同感です。
いつも里親募集中の動物たちを見るたびに、
胸がキュッと締め付けられてその痛みはなかなか消えません。

そこには人間に対する怒りも当然あるのですが、
それ以上に私の胸を締め付けるのは、
たとえどんな辛い思いをしても、
彼らは人間を信じる心をなくさないという事実です。

虐待される子、捨てられる子、飼育放棄される子…
様々な辛く悲しい思いを人間から受けたとしても、
新しい家族を見つけると、
彼らは再び人間を曇りないまっすぐな瞳で見てくれるようになりますよね。

そんな純粋な子たちをなぜ…悲しいです。

人間側の本質的な問題も変えていかなくてはいけないし、
今まさに家族を求めている子たちの命を救ってあげたいし、
私たちがすべきことは本当に多いですね。。。
2009/03/20 00:03 | | edit posted by まるこママ
comment posting














 

trackback URL
http://mameshibamarco.blog100.fc2.com/tb.php/292-7220e17f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。