スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

急性緑内障 闘病記[4] 現在とこれからのこと
4回に渡ってお届けしてきました、まるこの急性緑内障闘病記、
お付き合いいただきありがとうございました。


  急性緑内障 闘病記[1] はじまりは突然
  急性緑内障 闘病記[2] 2つの試練
  急性緑内障 闘病記[3] ショック症状
  急性緑内障 闘病記[4] 現在とこれからのこと (←本記事です)


ブログで闘病記をまとめて公開しようと思ったのは
私たち自身が、緑内障ワンコ経験者様のブログ記事に助けられたから

先行きが見えず不安なとき、一つでも多くの情報がほしいとき、
ブログ記事にまとめられた体験談がと~っても心強く、頼りになりました


今回は私たちの番この先誰かのお役に立てれば幸いです。


一連の闘病記録としては今回を最後として
現在の日常生活と、これからのことについて、書きたいと思います。




【まるこの急性緑内障 闘病記④ 現在の日常生活とこれからのこと】

6月末にショック症状が出て以来、まるこの眼圧は上下を繰り返すものの
あれほどひどいものは再発せずに過ごしています。

■点眼薬(3種)

現在の点眼薬はこの3種類。

まるこの目を守る目薬3兄弟!

左の2つ「ベトプティック」「トルソプト」は眼圧安定時の日常点眼薬で、12時間おきに1日2回。
右の1つ「キサラタン」は2~3日に1回日常的に点眼するほか、
眼圧が上がったときの緊急時点眼薬でもあります。

どちらの目薬も冷蔵保存、だいたい1ヶ月に1本消費ペースで、月10,000円程度です。


■日常的な点眼の習慣化

「目薬の時間だよ~」の掛け声(合図)は既に覚えており、
渋々ならがもこちらへトボトボ、自分から歩いてくるようになりました。

点眼はイスの上で手早く行います。
点眼後は、いっぱいほめて、一かけらのご褒美(おやつ)をあげます。

「目薬=あんまり好きじゃない+おやつがもらえる⇒渋々だけど付き合ってやるか~」
ぐらいになればいいかな、と思っています。


■両目の視力のこと

現在、右目の視力のみで生活しているまるこですが
大きな不自由はないように思います。

ただし、多くの緑内障患者がそうであるように、
数年のうちに右目にも発症する可能性については、家族みな覚悟しています。

そのため、今のうちにしてあげられることを色々考えて実践中です↓。


■片目が見えるうちにしておいてあげたいこと

両目の視力を失う前に
親としてまるこに教えておくべきことがあります。

一番重要と思っているのは
視力がなくても指示が伝わる「共通の合図」のようなものを作っておくこと。

たとえば段差の昇り降り
「いち、にの、サーン!」の掛け声と同時にハーネスを軽く持ち上げることで、
昇り降りでもつまずかずに歩けるようにする。
そのほか、右折左折止まる(待つ)進む・・・いっぱいあります。

段差攻略法


それから、たくさんの場所(ルート)を憶えさせておくこと。

ワンコって、視力以外にも、雰囲気や匂いで、その街や道順を憶えているものですよね。
だからこそ、右目が見えているうちに、色んな場所(特に日々のお散歩コース)を一緒に歩いて、
色んなルートパターンを憶えさせるよう意識しています。


■マッサージやサプリのこと

眼圧が上がっているとき、目のまわりのリンパに沿って
そーっとマッサージしてあげることで多少でも楽になるそうです。

幸いまるこは、眼圧上昇時でも顔を触ることを嫌がりませんので
適度にマッサージするようにしています。

マッサージで「快適♪」なまるこ


サプリメントについては、
ブルーベリービタミンCが有効という情報を知りました。
(視力回復ではなく、左目の結膜炎症状に対する期待です。)

それから色々と調べた結果をもとに
食事療法も今後取り入れながらゆっくり様子を見ていく予定です。


■外科療法(手術)のこと

いま適合している点眼薬もそのうち効果がなくなること、
眼圧上昇が制御できなくなり牛眼化(大きく膨らむ)する可能性があることは、
院長先生から予め説明を受けています。

外科療法(手術)については
正直まだ結論が出ていないので、今後も家族の話し合いが必要です。
(参考)外科療法(手術)については
「眼球内外に新たな房水流出路を作る処置」「眼球摘出」「眼内義眼」など様々あるようです。



手術に対する(まるこ家の)考え方としては
 ・案1:眼圧制御が効かなくなる頃まで外科手術をしない
 ・案2:眼圧が制御できなくなり苦しむ前に外科手術をして楽にしてあげる
 ・案3:右目も患う可能性があるので、どうせ辛い手術を受けるなら、
     両目とも処置が必要になった際に一度で済ませてあげたい
  (過去に膝と腰で計3度の手術を経験しているので、できるだけ少ない回数で抑えたい ⇒カテゴリ>健康のこと 参照


そもそもまるこにとって、
眼圧上下を繰り返しながら暮らすのと、外科療法で楽になるののどちらが幸せなのか、
答えのない問いに日々、悩んでいます。

おだやかな睡眠タイム





これから先、まるこにどんな運命が待っているのか・・・
それは誰にもわかりません。

小さな背中に色々背負っています

この小さな背中に、いろんな苦労を背負って生まれてきたまるこ。

先天性の腰仙椎不安定症やら、パテラやら、
色々な困難も乗り越えてきたまるちゃんですから、今回もきっと大丈夫
過保護な家族もついていますよ~


長~い記事、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
未来の緑内障ワンコの役に少しでもたてますように

  「急性緑内障」の記事はカテゴリー>健康のこと>急性緑内障(⇒クリック!にまとめて保存しています。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ  人気ブログランキングへ
 ↑ブログ村(柴犬)と人気ブログランキング(写真)に参加しています。

次からは平和な日常記事に戻ります♪
急性緑内障
11 2
comment
まるこちゃん。

いまここで大きな声で応援します!


まるこちゃん、みんながついてるよ!!


頑張って!!



まるこママさん
こんなことしかコメントできなくてごめんなさい。
でも、心からまるこちゃんのこと
思って応援しています!!
2012/10/19 17:49 | | edit posted by ハママ
こんばんは。
キサラタンとトルソプト。
懐かしい目薬・・・はなの点眼を思い出します。
キサラタンを毎日点眼でなく
トルソプトとベトプティックで押さえられているなら
今時点では安定中ですね。
右目の視力があるうちにしておくことなど
とても素晴らしいと思います。
来ないでほしいけれど
もしいつかその日がきても、きっと大丈夫だよ。

眼圧上昇を繰り返すことと外科的手術・・・
どちらがまるちゃんにとってって疑問、わかります。
でもはなの罹りつけの眼科医は
目薬の効果があるうちは温存する方針でした。
実際先生の飼われているワンコも緑内障でしたが
外科的手術をしたとは伺っていませんから
ずっと点眼されているんだと思います。

まるちゃん、みんな応援してくれてるよ。
はなもお空からずっと見守ってるからね。
2012/10/19 18:00 | | edit posted by のん
勉強になりました!!
アイリーはぶどう膜炎が悪化しての失明でした。
先生によって、治療もさまざまですからほんと記事にしていただけると助かります。

まるこママさんの丁寧に正確に記事にしているところがすごい!!
私自身もう少し先生に突っ込んだ質問をしようとか、なんでもメモしようとか勉強になりました。
ありがとうございました!
そしてまるちゃん!アイリーも頑張るからまるちゃんもがんばろうね!!
2012/10/19 18:35 | | edit posted by アイリーママ
★ハママさん
ハママさん、華ちゃん、サンキューです!!

まるこもまるこ家もがんばりますよ~~

明日からはまた平和な日常記事に戻りますので
ニコニコまるちゃんを見てあげてくださいね~☆ミ
2012/10/19 22:57 | | edit posted by まるこママ
★のんさん
目薬が効いている間はまだ安心なんですねどね~
その後が心配でたまりません。。。
まるこのお医者さんも外科手術には慎重派。
まるこの目が自力でがんばっているうちは
自然な状態で残しておいてあげた方が…とアドバイスをもらってます。
なかなか決断しにくいのでもう少しじっくり悩みます。
はなちゃん、後輩まるこを見守っていてね☆ミ
2012/10/19 23:00 | | edit posted by まるこママ
★アイリーママさん
アイリー君はブドウ膜炎からの失明だったのですね。
まるこもその疑いあり、でした。
目の病気って突然でこわいですよね・・・。

無我夢中で記事にまとめましたが
すこしでもアイデアのヒントになれば嬉しいです!
アイリーママさんも何か気づいたことや
「こうした方がいいよ~」などあればぜひ教えてくださいね♪

一緒にがんばりましょーー!!
2012/10/19 23:03 | | edit posted by まるこママ
今後を考えてできるかぎり沢山の方法を考えておくって
とても重要ですよね。
うちも近所のお散歩はできるだけ、色々なコースを覚えさせるようにしたり、家具の配置を動かさないよう、できるだけ固定するようにしたりと。

小さな体に大きな試練を背負って産まれたわがこ
それでも何一つ他のコと変わりはないですよね。
病気があっても、一緒にひとつひとう
乗り越え、日々を明るく過ごせることこそが、わがこの一番の幸せだと思っています。
まるこママさんの気持ち
まるちゃんにいっぱいいっぱい届いています。
だって、まるちゃんの後ろ姿、すっごく幸せそうだもん*^^*
2012/10/20 08:32 | | edit posted by miko
★mikoさん
できるうちにできることをやっておいてあげたい。
よりハッピーにワンライフを送りたいですものね~♪

ワンコって悲観的にならないでしょう、
現実をまっすぐ受け入れ自然と馴染んで生活してる。
そんな姿に教えられることが、日々たっくさんあります。

まるこなりの犬生をまっすぐ生きてほしい。
私たちはその全力でサポーターです^^
がんばるぞーーです!!
2012/10/21 00:07 | | edit posted by まるこママ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/23 00:44 | | edit posted by
★カギコメAさん
こんにちは!メッセージありがとうございます!
たしかにあずきちゃんとまるこ、似てますよね~
お耳が後ろになってる時の表情なんか
特にそっくりに見えます^^

さくらちゃんのこと、ありがとうございます。
そうそう、まるこも片目が見えなくなってから
ガウることが少なくなって、ぼちぼちワン友ができるようになって。
これは驚くべき変化でした。

彼女なりに現実を受け止めつつ
前向きに考えて行動してるんでしょうかねぇ(笑)
私たちはサポート隊としていつでもそばに居ます。
まるこらしい生き方でこの先も過ごしていければ本望です^^

これからもどうぞよろしくお願いします~!
2012/10/23 22:48 | | edit posted by まるこママ
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/06/17 09:00 | | edit posted by
comment posting














 

trackback URL
http://mameshibamarco.blog100.fc2.com/tb.php/1103-765a54e9
trackback
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.10.26 12:04 |
管理人の承認後に表示されます
| | 2012.12.04 08:47 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。