FC2ブログ
 
私とまるこの10の約束。
こんばんは、ひさびさの登場、まるこママです

あしたはいよいよ犬とわたしの10の約束試写会です

予告編をみただけで、ウルッときてしまうのに、
当日、大丈夫かしら・・・?と、ちょっと不安を感じておりますが(苦笑)


さてさて、これもよい機会だと思い、犬の10戒を改めてご紹介したいと思います。

>>>「犬の10戒」とは・・・??

 *インターネットで広がった、作者不明の短編詩。

 *犬のきもちから書かれた飼い主への10のお願い。

 *その内容が深い共感と感動を呼び、
 世界中の犬を愛する人から支持されている。

         以上 「犬と私の10の約束」公式サイトより引用>


>>>内容のご紹介

【1】 Give me time to understand what you want of me.
   私と気長につきあってください。


DSCN1530のコピー

【2】 Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.
   私を信じてください。それだけで私は幸せです。


DSCN1549のコピー

【3】 Be aware that however you treat me, I'll never forget it.
   私にも心があることを忘れないでください。


DSCN1608のコピー

【4】 Before you scold me for being lazy,
    ask yourself if something might be bothering me.
   言うことをきかないときには、理由があります。


DSCN0885のコピー

【5】 Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words,
    I understand your voice when its speaking to me.
   私にたくさん話しかけてください。
   人の言葉は話せないけど、わかっています。


DSCN1543のコピー

【6】 Remember before you hit me, I have teeth that could hurt you,
    but that I choose not to bite you.
   私をたたかないで、本気になったら私のほうが強いことを
   忘れないでください。


DSCN1628のコピー

【7】 Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.
   私が年を取っても、仲良くしてください。


DSCN0905のコピー

【8】 You have your work, your entertainment and your friends.
    I have only you.
   あなたには学校もあるし友達もいます。
   でも、私にはあなたしかいません。


DSCN1158のコピー

【9】 My life is likely to last 10 to 15 years.
    Remember that before you buy me.
   私は10年くらいしか生きられません。
   だから、できるだけ私と一緒にいてください。


DSCN1565のコピー

【10】 Go with me on difficult journeys.
     Everything is easier for me if you arethere.
     Remember, I love you.
   私が死ぬとき、お願いです。そばにいてください。
   そして、どうか覚えていてください。
   私がずっとあなたを愛していたことを。


DSCN1580のコピー


<以上 「犬と私の10の約束」公式サイトより引用>
   

・・・解説は必要ありませんね

みなさんも自分の愛するものと、まっすぐに向き合ってみてください。

日々の幸せを与えてくれるまるこに、感謝をこめて

***カメラマン兼助手による今日の一言*****************

試写会に来る方は、きっと多くがワンコ好きな方でしょうね~
みんなでズビズビ、涙でいっぱいになる予感(笑)!
あしたはお留守番のまるこに、【ガンバレワンポチ】お待ちしています~★
    ↓↓↓↓↓↓↓↓
   にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
*************************************
まるこママのつぶやき
9 0
comment
素晴らしい10戒ですね
ウルウル来てしまいました

まるちゃんとずっと一緒ですね
2008/03/06 09:20 | | edit posted by Shin7777
「犬の10戒」。。
初めて読んだ時、それはもう泣けて仕方が無かったです(^^;
そして再び読んだ今。。やっぱりウルウルです(笑)
特に最後の文章は何度読んでも泣けます。
お互いワンコの最期まで愛情をたくさん注いであげたいですよねv-22
2008/03/06 15:18 | | edit posted by あっこ
ワンコの気持ちを深く捉えた十戒ですね。
涙が自然と出てきます。
最期まで絶対に幸せにしていきましょう。
2008/03/06 15:33 | | edit posted by chaco
初めまして
うちでもラブラドールを飼っています。接していると人間をすごく信頼しているなあっているのがわかるし、すごく愛おしくなります。試写会はきっと涙、涙でしょうね・・・v-406 
2008/03/06 21:29 | | edit posted by おーたまさん
コノ映画、見に行きたいのですが、やはり泣いてしまいそうなので悩んでいるところです、、、。
う~~ん。
DVDまで待とうかしら、、、(悩)

ハムスターの10戒も、先日みつけました。
こちらもウルウルしてしまう内容でした。
2008/03/06 22:45 | | edit posted by 舜コ
私も映画のCMを見ただけで泣けてくるので
見にいけません~e-263
一昨年ゴールデンを送った記憶が生ナマしすぎて。。
でもまるちゃんのお顔と文がよくあってましたねe-414
2008/03/07 19:53 | | edit posted by すいか
こんばんは、まるこママさん★
久しぶりにお邪魔しました♪
このお話、本でも読みました~♪
で、映画は、うちでもちょうど今日パパさんと話になってDVD出たら見ようねって。(笑)映画館で見たら、あまりの号泣に人様に迷惑かけちゃうからねって。(笑)
楽しんで来てくださいね!
2008/03/08 00:16 | | edit posted by funky-banana
コメントくださった皆さま。
お返事が遅れて申し訳ありませんでした~v-356

●Shin7777さま
ほんと、ウルウルしちゃいますよね~
犬の気持ちはまっすぐです。
十戒を心に刻んで、まるこの良いパートナーになれるよう
精進せねば!と改めて思いました。

●あっこさま
命あるもの、必ず最期はやってきます・・・
まることの限りある時間を、
できるだけHAPPYに過ごせるよう、
これからも頑張らねば!と気合が入りました(笑)
お互いに良い家族になれるよう、頑張りましょうね♪

●chacoさま
ワンコの目線に立ってワンコの気持ちを考えてあげること。
とっても大切なことなのに、時に忘れてしまうことも、
残念ながらあるのだと思います。
そんなとき、この十戒は改めてワンコの大切さを
考えさせてくれる、そんな気がします。
ワンコがしあわせな最期を迎えられるよう、
日々良いパートナーであるよう、心がけねばですね。

●おーたまさん
はじめまして!メッセージありがとうございました。
ラブちゃんを飼っていらっしゃる方だと、
今回の映画はとくにジ~ンときてしまうでしょうね(笑)
ワンコと心がつながっている感覚、
言葉ではうまく表現できないけれど、わかります。
本当に愛おしい存在ですよね♪

●舜コさま
ハムちゃんでも、ワンコでも、命あるものには心があります。
わたしたち人間よりも、動物たちの愛情はまっすぐで、
偽りない、純粋なものですよね。
その気持ちをしっかり受け止めて、お返しできる、
良い主人にならないといけませんね♪

●すいかさま
ラブちゃんの記憶があると、
この作品はさらにウルウルきちゃいますね・・・
(私も結局「マリと子犬の物語」は見れなかった(笑))
犬の人間に対する愛の深さがしみじみ伝わる、
そんな作品でした(詳しくは後日記事にて!)

●funky-bananaさま
本で読んだのですか~きっと涙ですよね(笑)
たしかに、会場内に涙の雰囲気がいっぱいになっていました。
自分のワンコを思い出して涙の方も多いのでは?
と思いました(わたしもそんな一人。)
DVDで出たら、ぜひ観てみてくださいね♪
2008/03/09 17:17 | | edit posted by まるこママ
初めまして。私は10戒を読んだだけで泣けてくるのでとても映画館では見れません。動物大好きなのに、住宅事情で飼う事が出来ずにいます。だからこそ、よそ様の飼い方が気になって、せめて家族の顔が見える場所へ、とか日当たりの良い場所に犬小屋を動かしてやってほしい等と思ってしまうのです。漫画サザエさんの作者長谷川町子さんはそんな家に電話していたそうですが、そんな勇気は無いので、犬を不憫に思うのがせいぜいです。映画や本でそんな飼い主が減ってくれるといいですね。もっともそんな飼い主は映画や本は見ないかも。
2008/03/10 12:31 | | edit posted by todaimo
comment posting














 

trackback URL
http://mameshibamarco.blog100.fc2.com/tb.php/104-a467b70d
trackback